イメージ

Medicコラム

その他のコラム
田中 伸[たなかしん]東京国際クリニック / 消化器内科

その他のコラム

膵臓がん、胆のう・胆管がんの検査
「MRCP(MR胆管膵管撮影)」とは

膵臓・胆のうのはたらき

 膵臓は、胃の後ろ側にある長さ約15センチの臓器で、消化液(膵液)を分泌する外分泌機能と、インスリンなどのホルモンを分泌する内分泌機能をもっています。膵液には、糖質を分解するアミラーゼやたんぱく質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼなどの消化酵素が含まれており、膵管を通して十二指腸に流され消化を助けるはたらきをもっています。
 一方、胆のうは、長さ約10センチ、肝臓で作られた50~60m lの胆汁を貯え濃縮することができる臓器です。肝臓と十二指腸をつなぐ管の途中にあり、洋ナシのような形をしています。
胆汁も胆管を介して十二指腸に排出され、脂肪を乳化して小腸から吸収されやすくする作用をもっています。

膵臓がんは増加傾向

 膵臓がん、胆道がん(胆のうがん、胆管がん)はいずれも予後の悪いがんで、症状が出た時にはすでに手遅れということが少なくありません。下図のように、部位別のがんの年齢調整死亡率(昭和60年の年齢構成に合わせた10万人当たりの死亡者数)でみると、食道がんなど多くのがんは近年減少傾向にありますが、膵臓がんは男女ともいまだ増加傾向です。また膵臓がんや胆道がんは、通常の人間ドックでは早期発見が難しいがんでもあります。

 

 

MRIの技術進歩で描出可能に

 従来は膵臓がんや胆道がんの検査法として、内視鏡を十二指腸まで入れてそこから細いカテーテルを伸ばして造影剤を入れてX線でみるERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影法)という方法がありましたが、侵襲も大きくがんの疑いのある方を対象に入院をして行う検査でした。
 近年、MRIの技術が進歩し、造影剤を使わなくても膵管や胆管の詳細な描出が可能になりました。M R C Pは Magnetic Resonance Cholangiopancreatography の略で、M R Iの技術で膵管、胆管を詳細に写し出すことのできる検査です。

MRCPで膵がんや胆管がんの早期発見を

 膵臓がんや胆管がんの大部分は膵管、胆管に異常をきたすため、MRCPでこれらの異常をとらえることにより膵臓がんや胆管がんの早期発見に繋がります。もしMRCPで膵管や胆管に異常が見られた場合は、造影剤を使用したダイナミックCTにて精密検査をするという流れになります。
 またMRCPは、のう胞の描出にも優れた検査で、近年、膵のう胞性腫瘍(のう胞腺腫やのう胞腺がん)も増加傾向で、これら疾患の診断にはMRCPが非常に優れています。従って人間ドックでMRCPを行う意義としては、一つは膵管や胆管の異常をとらえて膵がん、胆管・胆のうがんの早期発見に繋がることと、もう一つは膵のう胞性腫瘍の発見にあります。
 これらの疾患はいずれも超音波検査や、造影剤を使用しない単純CTでは盲点になりやすい疾患であり、MRCPを組み合わせることでより精度の高い膵・胆道系のがんのスクリーニングになります。

 

40歳になったらMRCPを

 M R C Pの画像診断の結果がんが疑われる方には、ダイナミック造影CT検査を受けていただき、さらに確定診断をつけていくことになります。
 がんの好発年齢である40歳を過ぎたら、ぜひMRCPを受けていただき、見つけにくい膵臓がん、胆のうがん、胆管がんの早期発見に努めてください。苦痛がなく、合併症も身体への負担もないMRCPをお勧めします。

トリプルチェックで読影所見をより確実に

松本 司
東京国際クリニック放射線課 課長
M R Iは電磁力を使って体内の水素原子を一定の方向に動かし、電磁力をON/OFFしてその際の信号を捉え画像にする画期的な検査機器です。
 磁力を使うため、金属の検査室への持ち込みは禁止されています。磁力の大きさは、稼働すると消火器が飛んでいってくっついてしまうほどの強さです。また電磁力をON/OFF
するために、検査中装置からは比較的大きな音が発生します。
 MRCPでは上腹部、つまり肝臓の上から腎臓の下までを80~100枚のスライス状に撮影し、最終的にそれを合成画像としてモニター上に描出します。
 M RCPは一般のM R Iの検査と同様の流れです。検査5時間前からの飲食は控えてください。飲食をされると、胃内、十二指腸内に食物が流れ、膵液や胆汁も出てしまうため検査が困難になります。
 さらに検査に当たって、心臓ペースメーカーをつけている方、頭部脳動脈瘤クリッピング、血管内ステントなどの金属物質が体内にある方は、事前に医師にご相談ください。加えて、金属(ヘアピン、鍵など)や磁気記録媒体(クレジットカードなどのカード類)、電子機器(時計、スマートフォンなど)、金属を使った肩こりなどの磁気治療用テープ、使い捨てカイロなどは検査室内に持ち込めません。妊娠中の方、閉所恐怖症の方は事前に医師にご相談ください。
 検査時間は約30分です。
 検査台に仰向けに寝ていただき、ベルトで体を固定した後、トンネル状の機器に入っていただきます。検査中は動かないでください。また、検査中は大きな音がしますが、機械の作動音ですから安心してください。検査中は呼び出しボタンをお渡しいたしますので、不安に思うことや、体調が悪くなった場合は、ボタンを押してお知らせください。
 MRCP画像では、水分は白く表現されますので、膵管は白く、嚢胞などは泡のように見えます。この画像を田中先生と放射線医、私のトリプルチェックを行って、より確実な所見を検査結果に反映させるよう努力しています。
 従来は簡単に見ることのできなかった膵臓や胆のうの状態を、ぜひ1度MRCPでチェックしていただければと思います。


SBIグループサービス

SBIグループサービス